モノサーチの設定でkeepaの10倍速のリサーチ方法

モノサーチの設定でkeepaの10倍速のリサーチ方法

モノサーチって知っていますか?Googlechromeの拡張機能になります。

今回は、Keepa同様に電脳リサーチが効率化できるツール「モノサーチ」の導入、使い方についてお伝えします。

ブラウザがGoogle Chromeじゃないと拡張機能は使えませんので、まずはGoogle Chromeをインストールしておいてください。

 モノサーチとは

モノサーチはAmazonの商品ページから、いろいろなサイトに飛んでその商品が他のサイトでいくらで販売されているか検索できるツールになります。

こちらのモノサーチを入れると大変便利になるリサーチ方法を公開いたします。

 

 

入れるとkeepaを見なくてもリサーチが倍速になっていきます。

以下のURLからモノサーチに飛んで追加インストールしてください。

モノサーチ

モノサーチは全部設定する必要はなく数か所設定するだけでものすごい威力を発揮します。

モノサーチの機能

モノサーチを入れると、いろいろな機能があるため、全部設定してしまうと重い拡張機能のためパソコン速度が落ちてきて、逆にリサーチが遅くなって来ますので、全ては設定しないことをお勧めします。

ただその中でもなくてはいけない機能がありますのでそれを公開したいと思います。

ライバル在庫数を表示する機能

こちらはすべて動画で解説しますが、設定するとAmazonの商品ページを開いて出品者数をクリックするとライバルたちがいくつ在庫を持っているのか表示されるようになります。

これが表示されることによって、どのくらいの期間で自分の商品にカートが回ってくるのか予測がつくようになります。

そのため、仕入れ商品が在庫過剰かどうかの判断ができます。

モノレートで調べてランキングの波形が良いからと言ってやみくもに仕入れていたら、在庫数が多いライバルショップがいたら資金的に自分の首を絞めることになりますので、在庫数は必ず確認するようにしましょう。

 

リサーチ倍速設定

こちらも動画で設定を解説しておりますが、こちらを設定すると、全体の商品閲覧ページにkeepaのグラフが表示されます。

 

全てのページでランキングの波形グラフが現れてくるので、商品をリサーチする際に、全体の商品ページから売れる商品かどうかが一目でわかってくるので、リサーチがかなり早くなってきます。

いちいちkeepaやモノレートに飛ばずに、まずは一覧のページから判断して、本格的に仕入れする際には、モノレートで確認するとよいと思います。

 

ライバル出品者の商品取扱商品数の表示機能

これを設定すると、ライバル出品者の取扱商品数を表示させることができます。

取扱商品数がどれだけあるのか一発でわかるので商品点数が多く、評価の高いライバルがどんな商品を出品しているのかの見るときの判断になるのでこちらも入れておくことをお勧めします。

ぜひ設定してリサーチをとてつもなく倍速化していきましょう。