-Amazonと同じ機能の検索方法

-Amazonと同じ機能の検索方法

 

今回は以前よく利用できていた「-Amazon」を別の方法で検索できる方法を解説してみたいと思います。

-Amazonって何?

「-Amazon」って何という方のために、解説するとこの機能は、Amazonが在庫を持っていないものをあぶりだして検索するキーワードになるので大変便利だったのです。

 

特にカテゴリーでは「本」「DVD」「食品」では利用できました。

今まではカテゴリーを絞って、例えば「食品」にして、まだ大分類では大きすぎるので次に「お菓子」などで中分類まで絞っていきます。

その状態でだいぶ絞れてきたので、Amazon検索窓に「-Amazon」を入力すると、Amazonが出品していない商品だけをあぶりだしてくれるため、あとはその中の商品カタログを見ながらリサーチをかければ早く効率よく進めていました。

このキーワードがいつの間にか利用できなくなっていましたが、別の方法で同じ検索ができるのです。

 

新たなる-Amazon検索方法

 

この方法は「モノレート」を利用します。

モノレートを開いてカテゴリーを選択してください。

今回は一例でカテゴリーは「食品」を選んでみましょう。

カテゴリーを選択した後に検索窓に何かキーワードを入れてください。

今回は「うどん」で入れてみます。このキーワードは何を入れてもいいです。「あ」「い」「う」などの1文字だけでもたくさん出てきますので、いろいろなキーワードを入れてみましょう。

 

これで一度検索してください。

次に見るべきところは、検索条件を絞ります。モノレートの左横に以下のような検索抽出条件窓があるので、食品の場合は中古品では販売できないので、ここを新品に絞り価格帯を絞ります。

 

価格帯は食品の場合、利益商品は割合価格が低いほうがたくさん出てきます。

なぜならば自己発送の出品者の中で、送料が700円とか800円とか設定されていて商品代+送料を合わせて1,500円~2,500円くらいする場合があります。商品代は700円くらいだったりします。

ということはこれをFBAで出品するとどうなるのかです。

ここは大変肝の部分になってきます。

ここでは触れませんが、私のコンサル生にはここも詳しくお伝えしていますが、一昔前はかなりこれで売り上げを上げていけました。

 

今でも商品によって結構稼げるようになります。

次が重要です。

「Amazon販売の発送時期」のところです。

チェックボックスを上記のようにすることでAmazonが在庫を持っていない商品を表示できるようになります。

「-Amazon」の機能がこれで使えるようになります。

使用していると、ほとんどないですが時々、バグってAmazon在庫を読み取っているときもありますが、ほぼこれでAmazon在庫なしを閲覧できていくので、ぜひリサーチに役立てていただければと思います。

 

またAmazon在庫なし商品をあぶりだした後は、商品をさらに並び替えていきましょう。

上記のようにさらに絞っていけるので「人気度」順に並べ替えていきましょう。

 

食品のカテゴリーの場合だとランキングでは1~40,000位くらい、できれば30,000位以内くらいを見ていくといいでしょう。

 

食品せどりの場合は、
自己出品者が「商品価格」+「送料」の合計で、その差額から利益を生みます。
ですので、商品価格が安ければ安い方が、利益を出せるのです。
例えば商品価格 500 円+送料 880 円だったとしたら商品価格を見た時に、利益が出るかどうか、見た目で判断でできるようになるでしょう。

 

ぜひ参考にしてください。

もしあなたもたくさんの物販販売の情報を詳しく知りたい方は下の無料プレゼントに登録してみてください。

電脳せどり無料コンテンツプレゼントメルマガ講義