集中力を高める方法・トレーニング

集中力を高める方法・トレーニング

こんにちは。

今回は集中力を高める方法を伝授してまいります。

 

集中力を高める方法・トレーニング

ネットビジネスで稼ぐためにはパソコンでの作業が多くなります。

物販販売やいろいろな調べもの他、情報発信など行う場合、かなりの集中力が必要にもなってきます。

集中力は養っていくことができますが、意識して継続して鍛えないと目的がないままだと何の変化もありません。

集中力の有無は人生にも仕事にも大変影響を及ぼしてきます。

集中力がある方は短時間でも有効に時間を使うことができます。

私は若いころから集中力がないほうでした。

特に中学校時代までは全く勉強もできない落ちこぼれ少年でした。

何事も三日坊主で続かず、結果的に勉強や生活そのものがコントールできない状態でした。

でも集中力は意識してトレーニングしたり、環境を工夫することで、簡単に上げることができます。

筋トレなどで重いものを持ち上げられるようになったりするのと同じです。

運動が苦手な人でも練習次第でフルマラソンを完走できるようになるのと同じように、トレーニング次第で、普通の人の何倍も集中力を上げることも可能です。

集中力を高めると仕事や勉強は捗りますし、人生、結婚相手探しなどにも影響が出てきます。

ですので集中力を高める努力をすれば、他の人に比べて何事もうまくいく可能性が一気に高くなります。

では今から集中力を高める方法を解説いたします。

 

集中力を高めるには

やることを絞る

何にでも手を出さない

 

脳は新しいものが好きです。何かに取り組んでいても、

他の物が目に入った瞬間に、自動的に脳は新しい物に焦点を合わせてしまいます。

掃除をしていたらマンガを見つけて読み始めてしまったり、インターネットで調べ物をしていて気がついたら2時間もyoutubeを見ていたり、他の記事を眺めてしまい夢中になってネットサーフィンを1時間もしていたりなんて経験があると思います。これはほとんど無意識の脳のクセなのです。

普通、暗記などが必要となる勉強や従事している仕事などはマンガやyoutubeほど刺激的でも、楽でもありません。

そのため、ある程度の時間集中するためには、「何かをやる」と決める以上に、「他のことをやらない」と決めるほうが重要です。

あらかじめ「やらない」と決めておくことで、新しい刺激を受けても「やらない」ことを選択することが可能になります。

まずテレビを見ることをやめましょう。

そしてやるべきことを絞りましょう。それは日ごとに、週ごとに決めてもいいと思います。

1つのことをやると決めたら、今日はここまでやると決めたことは絶対やりましょう!

その時に実行することで、やり続ける忍耐力と根気が鍛えられて集中力が少しづつ高まっていきます。

年齢が40代以降は集中力が衰えます。

ですが、世界的に成功を収めている偉人たちには、40代以降に成功をつかんだ人が多く見られます。

古くは伊能忠敬が55歳からの17年間で地図の測量をしたことで有名ですが、現代でもそういった“遅咲き”の人物は多くいます。

それだけ集中力がない限り人は成功などできません。

『タイム』誌が2004年以降毎年発表している“世界で最も影響力のある100人”のリスト「Time 100」に選出されたことがあるレイ・クロック氏は、52歳でマクドナルドを設立しています。

また“カーネル・サンダース”の愛称で知られているハーランド・デーヴィッド・サンダース氏が、ケンタッキーフライドチキンとしてフランチャイズビジネスを展開したのが62歳のときです。

以上の事例からも集中力とは年齢が高かろうと若かろうと関係はないことがわかります。

自分が好きな情熱的な目標を持つこと

 

あなたが好きなことは何ですか?

車いじり?お金稼ぎ?庭いじり?パチンコ?ゲーム?掃除?酒?

自分の成長につながる好きなことを持つことです。

その好きなことに徹底して打ち込んでみてください。

やっているうちに面白くなってきたら、とことん打ち込んでみましょう。

燃えるように集中力が高まってくるはずです。

なぜならばあなたが好きなことを行うからです。

それでは実際に私が集中力を高めていった方法を解説していきます。

この項目で紹介するのは私自身がやってみて効果があったものを紹介していますので、できるところからやってみてください。

 

集中力を高める方法

筋肉を鍛える

コントロールができない意識、集中力は筋肉を鍛えることで少し丹精されます。

スポーツで剣道などやっていた方は集中力が高い方が多いですが、なぜならば背筋の力が強いからといわれているようですが、剣道を問わず筋肉を鍛えることで根気が鍛われます。

作業の前は食事はしない

食事をすると血液の流れが胃に集中するため、脳がぼやんとしてきます。

集中力にいいのは少し甘いものをとるといいと言われています。

集中しないといけないときは少しチョコなどを口に入れておくだけにしています。

机の上は整理整頓しておく

作業を行う場合、作業近辺、机は整理整頓してパソコン周りは片付けるようにしましょう。

作業効率が上がります。

眠い時の濃いコーヒー

濃い目のカフェインを含むことで集中力が高まります。

眠気覚ましにもなります。

一気にやろうとせずまず15分だけでもやってみる

「継続は力なり」で一気にやろうとせずに、15分できたら、20分と継続してできる時間でやっていきましょう。

眠さに打ち勝つために10分睡眠を取り入れる

長時間作業をするときなどは、眠気が出てくることがあります。

その時は眠気に勝とうとせずに、眠くなったら眠りましょう。

だらだら眠いまま集中力が途切れてしまっても作業ははかどりません。

ですので10分から30分睡眠を少し取るだけでかなり変わってきます。

しかしながら3時間、4時間と寝てしまうと起きた時に頭がぼーっとして逆に作業ははかどりません。

夜は寝るべきですが、そのほかの時間帯で眠くなった場合は10分から30分仮眠をとるとかなり違いますので是非やってみましょう。

 


以上集中力を高める方法についてでしたが、このほかにも方法はいろいろありますが、是非簡単に自分にできることから実践していきましょう。

あなたの成功を心から願っております!!