真贋調査とアカウント停止について対策

真贋調査とアカウント停止について対策

こんにちは。今回は真偽調査が何故入り、なぜアカウント停止になるのかの関連について解説していきます。

最近Amazonで稼がれている方の多くの方が真贋調査からアカウント停止になっているようで、たくさんの問い合わせが来ます。

それで最近の状況をまとめて対策を記載してみたいと思います。

事前にどのようなことなのか前もってわかっておけば対策が打てます!

まず1つ1つ見ていきましょう。

真贋調査

最近Amazonのアカウントを開設して1年前後未満の方には、ほぼほぼ何らかの真贋調査がAmazonから入っています。真贋調査とは販売している商品が偽造品の可能性があるので偽物でないかどうか正規品の証明ができる書類を出しなさいよ、という意味でその内容の通知がAmazonから来ます。

それではなぜ真偽調査が来るのでしょうか?

それは購入されたお客様もしくは商品権利者(発売元)等がこの商品は偽物の可能性がありますよとAmazonに伝えるからです。

そのためにAmazonとしては調査せざるを得なくなるのです。

最近の問い合わせの中で多くの方で、販売していない商品の真贋調査がAmazonから入るケースも増えています。

これらの方に共通するのはアカウント開設1年未満で無在庫販売を行っている方に多いです。特に無在庫出品はリスクがないため、なんでも出品できますが最近真贋調査からの停止が多いので無在庫出品の場合は、著作権などのメーカーものは控えれば停止にならない限り稼げますので気を付けるようにしていきましょう。

またAmazonは新規アカウントの出品者には有在庫出品でも抜き打ちで真贋調査も行っています。これは売れている売れていないにかかわらずです。この方法はAmazonが1年未満くらいの新規アカウント開設出品者をランダムに選択して、その出品者の3商品を絞って真贋調査をかけてきます。

この場合の対応は仕入れていない場合でも「請求書、領収書、契約書、正規品証明書、配送注文納品書、改善書」等を準備する必要があります。

なぜ売れていないのに真偽調査が来るの?

これは本当にそう思いますよね。まだ売れていないし、買われたお客様はいないのに、偽物の疑いがある?と言われると「えっ?なんで?嫌がらせかな?」と思ってしまうかもしれません。

これはAmazonが偽造品の防止のために、特に最近のアカウント開設者にはほぼ全員に対して、真贋調査をアトランダムにかけているからです。すなわちちゃんと仕入れた商品かどうか、正規品の証明を行ってください、、という試験のようなものです。

はた迷惑なという感じでもあるのですが、ここをクリアできれば後々楽になるので頑張っていきましょう。

Amazon販売は圧倒的に稼げるプラットフォームであり,誰でも正しい方法で実践すれば月利、月収で30万円以上などは簡単に誰にでもできるのです。

そのために真贋調査やアカウント停止等のリスク対策や専門家を味方につけておくことは必要ですし、ご自身でも学んで対処できるようにしておけば、アカウント停止してもまた復活させればいいだけなので、そう恐れることはないのです。ただその方法がわからないために、心配になって、いざ、真贋調査メールがAmazonから来ると、心の底からヒヤヒヤ、人生もう終わりイイイ、という心境になってくるのですが、全くそこまで心配することはないので、しっかり頑張っていきましょう。

皆そのような心境でお問い合わせを頂きますがお気持ちはわかりますが、よっぽどあくどくない限りは、真摯に対応すれば通過していきます。ただしここも最近のAmazonは非常に厳しくなってきました。

真偽調査メール

真偽調査は無在庫販売の出品者やFBA出品者(有在庫)の方にも結構最近は入ってますね。

Amazonからは以下のようなメールが来ます。以下のメールをもらった方は無在庫出品で売れていないのに真贋調査が入ってすぐにアカウントが停止された方です。

アカウント開設して半年の方です。

真贋調査からアカウント停止例
ご利用のAmazon出品用アカウントは、真贋に疑いのある商品の出品により、一時的に閉鎖されています。出品されていた商品は削除されました。以下の問題が解決されるまで、出品者様へのお振込みは留保されますが、アカウント残高はそのままとなります。

この措置の理由
出品者様のアカウントを確認したところ、真贋に疑いのある商品が出品されていることが判明したため、Amazon出品用アカウントを閉鎖させていただくことになりました。安心してお買い物をしていただけるようにするために、出品者様に定期的に追加書類のご提供をお願いし、出品者様のアカウント情報と特定商品の真贋を確認しております。Amazonでは、偽造品の販売は固く禁じられています。

偽造商品の販売に関するAmazonのポリシーについて詳しくは、セラーセントラルの以下のヘルプページをご覧ください。

Amazon偽造品の取り組み(https://sellercentral.amazon.co.jp/gp/help/201165970
規約・ガイドライン(https://sellercentral.amazon.co.jp/gp/help/521
アカウントを再開するにはどうすればよいですか?
出品用アカウントを再開するには、本Eメールの末尾に記載されているASINについて、以下の情報をお送りください。

仕入れ先から発行された、発行日から 365 日以内の請求書、領収書、契約書、配送注文書、または販売許可書の写し。記載されている商品数が出品者様の在庫と一致している必要があります。
出品者様がブランド所有者でない場合、販売許可書と、供給プロセスが有効であることを証明する書類一式 (販売許可書を含む)。
出品者様がブランド所有者である場合、ブランド登録証明書のコピーと、事業者免許または個人の身分証明書のコピー。
仕入れ先の連絡先情報(名前、電話番号、住所、Eメール、ウェブサイトを含む)。
ご提出いただくファイルは、.pdf、.jpg、.png、.gif のいずれかの形式でお送りください。これらの書類は、正本であり、改変されていないものである必要があります。Amazonから仕入れ先に連絡し、提出書類について確認させていただく場合がございますのでご了承ください。仕入れ先の連絡先情報の機密は厳守いたします。

価格情報は削除することができますが、それ以外の情報は明示されている必要があります。確認しやすいように、審査中のASINを強調表示したり丸で囲ったりしていただけますと幸いです。

必要な情報を送信するにはどうすればよいですか?
必要な情報を seller-performance-policy@amazon.co.jpまでお送りいただきますようお願いいたします。

必要な情報を送信しなかった場合はどうなりますか?
17日以内にご提供いただけない場合、または申し立てが2回不調になった場合(いずれかが先に発生した時点で)、アカウントは完全に無効になります。この決定に対する異議申し立てが不調の場合、引き続きお支払いが保留されることがあります。

サポートが必要な場合
このメールの内容、ポリシー、上記で提供をお願いした情報についてご不明な点がある場合は、テクニカルサポートまでお問い合わせください(https://sellercentral.amazon.co.jp/hz/contact-us/performance)。また、パフォーマンス改善計画の作成について詳しくは、セラーセントラルのヘルプページ(https://sellercentral.amazon.co.jp/gp/help/200370560)をご覧ください。 残高や決済情報は、セラーセントラルの「支払い」セクションよりご確認いただけます。この件に関するご質問は、payments-funds@amazon.co.jpまでEメールにてお送りください。

————————————-
ASIN: ×××××××
ブランド: ●●●●●
商品名: ×××××××××××××××××××××
————————————-
ASIN: ×××××××
ブランド: ●●●●●
商品名: ×××××××××××××××××××××
————————————-
ASIN: ×××××××
ブランド: ●●●●●
商品名: ×××××××××××××××××××××
————————————-

上記の赤文字部分が大変重要です。

赤文字部分の発行日から1年以内の請求書、もしくは領収書、や配送注文書の提示が必ず必要になってきます。

また最近非常に厄介なのが以下です。

出品者様がブランド所有者でない場合、販売許可書と、供給プロセスが有効であることを証明する書類一式 (販売許可書を含む)。
出品者様がブランド所有者である場合、ブランド登録証明書のコピーと、事業者免許または個人の身分証明書のコピー。

普通に考えれば、名の知れたブランド名では準備できませんし、一般的な企業でも契約しない限り入手できません。ブランド使用契約、販売独占契約など結んでいる企業様もいますがブランド使用料など金額もかかるでしょうし大変です。

ただしある方法で上記の内容をクリアすることもできます。

通常の真贋調査はアカウント停止になる前に、まずは個別の商品に対する真贋調査として下記のような内容のメールが届くことがあります。

個別商品への真贋調査メール

平素はAmazonをご利用いただき、誠にありがとうございます。

このたび出品者様より発送された商品の信憑性について、購入者より寄せられたご連絡を調査した結果、出品者様の出品をキャンセルさせていただきました。真贋に関するご連絡があった商品のFBA在庫につきましては、まだ削除の対象ではありません。出品キャンセルを行った商品は、本Eメールの末尾に記載されております。

この決定に対し、90日以内に異議申し立てがない場合は、真贋に関するご連絡があった商品のFBA在庫はすべて、出品者様の負担にて廃棄される場合があります。

出品の再開をご希望の場合は、問題解決の対応と再発防止策の詳細を添えて、改善計画をご提出いただけますようお願いいたします。改善計画の作成について詳しくは、セラーセントラルのヘルプをご覧ください。改善計画をご用意いただきましたら、セラーセントラルのパフォーマンス通知ページにて、このメッセージの隣に表示されている「対応について詳細を連絡する」ボタンをクリックしてください。

また、ASINごとに以下の情報もご提出ください。

  • 仕入れ先から発行された、発行日から365日以内の請求書、または領収書の写し。これらは、同一期間中の出品者様の販売数と対応している必要があります。
  • 仕入れ先の連絡先情報(名前、電話番号、住所、ウェブサイトを含めてください)。

ご提出いただくファイルは、.pdf、.jpg、.png、.gifのいずれかの形式でお送りください。これらの書類は、正規の資料で改訂されていないものである必要があります。Amazonから仕入れ先に連絡し、提出書類について確認させていただく場合がございますのでご了承ください。価格情報は削除することができますが、書類のそれ以外の部分は明示されている必要があります。当サイトではお客様の仕入れ先情報の秘密保持に常に努めております。

ご提出いただいた情報を確認し、出品を再開できるかどうかを判断させていただきます。出品者様の商品についてさらに問題に関する連絡が寄せられた場合は、直ちにアカウントを閉鎖させていただく場合がございますのでご了承ください。

Amazonでは、偽造品の販売は厳しく禁止されています。真贋に関するご連絡があった商品について有効な請求書または領収書をご提出いただけない場合、該当の商品のFBA在庫は出品者様の負担にて廃棄される場合がございますのでご了承ください。

これは該当の商品だけが個別で出品停止になっているパターンです。

この場合の対策としては、次の2パターンになります。

  • 適切な対応をすることで該当商品が出品再開になる(正規品の証明を行う/請求書などの提出と改善書)
  • 今後この商品は扱わないということで審査を収束させる

その商品が売れ筋で利益もとれる「良い商品」であった場合、なんとかその商品の出品再開をしたいと思われるでしょう。その場合は「せどり」を行っている方は仕入先が例えばヤマダ電機やイオン、ドン・キホーテ、リサイクルショップ、ホームセンターなどの小売り店やヤフオクやメルカリ等などから商品を購入しAmazonで販売を行っているケースでは、提出できる資料がレシート、もしくは領収書もしくは「無い」という事になってしまうと思います。

上記のメールに記載のある資料として、小売店(販売店)での領収書やレシートの提出で該当の商品が出品再開になったという例は最近は少ないですね。最近はAmazonが厳しくなっているため、近隣の販売店の領収書では通過しないことが多いですね。

そういった場合には、2つめの落としどころ「今後この商品は扱わないことで審査を収束させる」とこれで審査は終了となります。

この方向での交渉がうまく言った場合には、このようなメッセージが届きます。

平素はAmazon.co.jpをご利用いただき、誠にありがとうございます。

出品者様におかれまして、下記の商品を今後出品を行わないことをお約束いただけるとのこと承りました。

ASIN:●●●●●●●●●●

当該商品を再度出品されるようなことはお控えいただくようお願いいたします。出品者様の商品についてさらに問題に関するご連絡が寄せられた場合には、直ちにアカウントが閉鎖される場合がございますのでご了承ください。

このメッセージが来ると無事に審査終了です。アカウント停止という事態はなんとか避けることができた、という状況です。

ちなみに、「適切な対応をすることで該当商品が出品再開になる」このパターンで交渉が上手く言った場合には、次のようなメッセージが届きます。

平素はAmazon.co.jpをご利用いただき、誠にありがとうございます。

このたび、ご提供いただいた情報を慎重に審査いたしました。出品者様は、Amazon.co.jp で該当の商品を継続して出品することができます。

ASIN:●●●●●●●●●● 上記の商品を再出品する方法については、セラーセントラルのヘルプページ(https://sellercentral.amazon.co.jp/gp/help/20116860)をご覧ください。

該当の商品の復元で問題が発生した場合は、有効な出品情報がないFBA在庫の可能性があります。出品情報のエラーを修正する方法については、セラーセントラルのヘルプページ(https://sellercentral.amazon.co.jp/gp/help/20143600)をご覧ください。 アカウントスペシャリスト Amazon.co.jp http://www.amazon.co.jp/marketplace

このメッセージが来ると無事に審査終了です。アカウント停止という事態はなんとか避けることができた、という状況です。

さらにおおよそ最近は以下のメーカー、ブランド名を出品している方には、大方必ず真贋調査が入ります。

真贋調査が入るブランド
  • 任天堂
  • ポケモン系
  • ディズニー系
  • ハローキティ
  • HUAWEI
  • 富士フィルム

などの大手系メーカー

Amazonは最近のアカウント開設者には、ブランド名によって実際に出品しているだけで売れていない状態でも真贋調査が入ってきます。

特におもちゃ、玩具メーカー、ゲームメーカーなどに多いですね。有名どころのメーカー物のおもちゃやゲーム系のブランド品は要注意して出品してください。

これらは著作権などもあるため新設のアカウント開設者は対策がない場合は今後は出品は控えておくほうが良いです。上記のブランド名は直接、メーカーから著作権侵害で出品削除されている方も多いです。

著作権侵害、商標権侵害、知的財産権侵害等で指摘されるケースも多いですね。

1つづつ説明していきますね。

著作権侵害

著作権侵害

著作権侵害(ちょさくけんしんがい)とは、著作権の目的となっている著作物を、著作権が及ぶ範囲で利用する行為であって、その利用について正当な権原を有しない第三者によって行われるものをいう。

(ウェキペディアより)

著作権は、著作者が、その著作物について、その保護期間(原則として著作物の創作時に始まり、著作者の死後70年を経過するまでの間)内において、独占的に、複製や翻訳、翻案、公衆送信などの法定の行為を行うことができる権利です。ですので著作者の許諾を受けることなく著作物を複製したり、翻訳・翻案などを行ったりすれば、原則として著作権侵害となります。このことは著作物の全部ではなく、部分であっても同じく侵害となります。

つまり著作権登録されている商品をせどり等で販売していると、ブランド保持者からは販売権利を結んでいない限り模倣品として複製したものとみなされて偽造品もしくは著作権侵害が指摘できます。

非常にここはやっかいですね。

 

商標権侵害

 

商標権侵害

商標権侵害とは、登録商標を使用する正当な権利や理由のない者が、業として、登録商標を登録されている指定商品や指定役務について使用する行為をいいます。 すなわち登録されている商品及び名前を無断で使用して販売していること等ですね。

これは例えば任天堂のキャラクターの「マリオ」とか「クッパ」「ピーチ」「ルイージ」等のゲームでないにしろ、似たようなコスプレ衣装等をその名称を用いて販売するだけで侵害と指摘されます。

「マリオブラザーズ似コスプレ衣装」の名前でノーブランドの衣装を販売していた方は、侵害を指摘されて商品を削除されました。

せどりではメーカーがあらかじめ商品登録をしている商品を許可なく販売していることを言います。

本来Amazonでは法律で禁止されているものを除いて誰が何を販売してもいいことになっています。

なのでメーカーから様々な理由で出品の取り下げの指摘を受けるのはおかしいのですがメーカーによっては出品取り下げを警告してくる場合があります。

この行為は「独占禁止法」や「談合」などの行為にも該当するのですがAmazonで販売する限り、聞き流してはいけません。

なぜならAmazonが権利侵害に敏感で、メーカー側の主張を聞き入れるためその場合は出品者は立場が弱くなります。

Amazonから出品アカウントが停止される場合があるので、そのようなメールが来た場合すぐに出品を取り下げるか、何らかの対応を行う必要があります。

場合により、すぐにAmazonがその出品者の出品カタログを削除するときもあります。放置しすぎるとアカウント停止の原因になります。

知的財産権

知的侵害権

ほぼ商標権と同じです。

知的財産権とは、著作物や工業所有権などといった無体物について、その著作者などが、それに対する複製など多くの行為に関して専門用語的な解釈としては専有権とされることもある知的創作物ノウハウ。

(ウェキペディアより)

禁止されている知的所有物を出品した場合は、出品者の出品が取り消されるか、出品者の出品権限が停止または解除されます。出品者は、商品の販売および再販が合法であり、認可されていることを保証する責任があります。

Amazonは、商品詳細ページや出品情報の内容が、禁止の対象、違法の疑い、または不適切であると判断する場合、事前の通知なしにその内容を削除または変更できます。

Amazonは、内容の適切性について判断を下す権利を有しており、デジタルミレニアム著作権法で定め「ノーティスアンドテイクダウン」の手続きに従い、他人の知的財産権を繰り返し侵害する出品者の出品権限を解除します。

上記をよく認識して真贋調査が入っても慌てることなく対処していきましょう。

焦って対処すると後で後悔することになりますので、よく慎重に考えて詳しい方などに相談してから対応していきましょう。

真贋調査からアカウント停止になっても、しっかり対処していけば復活できるケースも多いので、まずは冷静に早め早めに対応してまいりましょうね。

このような対策が分かっていたら、Amazonなどの物販販売は非常に稼げていくので、ぜひ頑張ってください。

物販販売を最近始められた方は最初は真贋調査が来ても大丈夫なようにしっかりと正規品を扱っている仕入れ先での仕入れた請求書や領収書を保管し、FBA販売を行って有在庫で販売し、何があってもいいようにしておくのが一番いいでしょう。また知財権や権利侵害やメーカーからの警告メールなどが来ないような商品を販売していくといいですね。すでに実践していらっしゃる先輩の実践者やしっかり教えていただける方の指示を仰いでいけば、大きく稼いでいけるので頑張っていきましょう!

以下の記事も参考にしてください。