国内電脳せどりを通して継続して稼ぎ続けるために

国内電脳せどりを通して継続して稼ぎ続けるために

 

こんにちは。

今回は電脳せどりを実践しつつ、次第に売り上げが上がってきて安定して稼ぎ続けられるようになってきた場合に、その後どうするのが永続的に稼ぎが安定して収入が拡大していくのか?その方法について最良策について解説していきます。

電脳せどりは初心者にとっては非常に稼ぎやすく、全くのド素人でも流れさえ学び、正しい方法で実践していけば必ず人によりけりですが遅かれ早かれ成果は出ていきます。

1人で実践していても十分に稼いでいく事が可能です。

ですが実践していくうちに多くの人は高みを望むようになっていきます。もっと稼ぎたい、、というのが本音ですね。

電脳せどりについてお伝えすると実際に商品を仕入れて出品作業と納品作業があるために1人では物理的にある限界値を超えると作業時間の限界が出てきます。

そのためにさらに売り上げを安定させて収入を上げる方法について3つの方法をお伝えしたいと思います。

 

1・組織化の仕組みつくりについて

せどりは1人で稼ぐには月利100万円前後が限界となっていきます。

収入としては全く問題ないかもしれませんが、それでも月利100万円ほどの収入をせどりで稼いでいくためには多くの作業量を必要とします。

リサーチに費やす時間、出品作業、納品、梱包作業です。

これらを1人でこなすには結構大変な労力が伴います。

そのため安定して稼ぎ続け収入を上げていくためには組織化を行っていく必要があります。すなわち人を雇って給料を払いながら、作業を割り当てる方法ですね。

もしくは納品作業や出品作業を外注化して任せてしまう方法です。

この方法を行うと、あなた自身はリサーチのみに専念できるようになるので面倒な納品作業や検品作業を省いて売り上げを上げることができます。

意外に月利50万円以上稼げるようになってきたら、外注化したほうが作業効率的によくなります。仮に外注費用が毎月何万円かかかってもあなたは、リサーチのみに専念してどんどん仕入れることだけを考えていれば、1人でやっているときに比べ収入も高くなることが多いのです。

アルバイトさん、パートさんを雇って作業を行う方法も非常に良い方法です。

これは毎月収入が月利50万円~60万円以上稼げるようになってきたら視野に入れるとよいでしょう。組織化を行ってくると成果が倍加するようにもなっていきます。

売り上げが上がっていないのに組織化を行う必要はありませんが、収入が上がってきて作業量に限界を感じ始め出したら検討するといいでしょう。

 

2・電脳せどり以外に稼ぐ方法を見つける(異なる販売手法)

電脳せどりが安定してきて、さらに稼ぎを上げていきたい場合には、国内転売以外にも視野を広げるといいでしょう。

私のお勧めはebayです。

ebayとは簡単にお伝えしますと日本版ヤフオクの世界オークションです。

海外に販売していくわけですが、世界中の方は日本の商品に非常に興味があるため国内せどりに慣れてきて余力があればebayを行うといいでしょう。

日本の商品が海外でいかに人気があるかはebayに出品するとわかってくるかと思います。

もちろん国内せどりでも十分に稼いでいけます。

組織的に大きく稼いでいきたい場合はebayに出品していくのもいいかと思います。

 

3・情報発信

電脳せどりは非常に稼ぎやすいですがデメリットとしては物理的な限界が訪れやすいことが言えます。(肉体労働の側面が強い)、利益率が低い、在庫を抱える、仕入れによる先出し経費で資金繰りがわかりずらい(利益はあがってるけれど預金は減ってるという錯覚に陥る)などがあり、資金繰りを循環させていくには情報発信を取り入れていくのが非常に良いです。

情報発信は在庫を抱える必要がなく、後出し経費なので資金繰りに困らず、利益率も大変高いといったメリットがあり物販のデメリットを完全にカバーすることができていきます。ただ物販と違って、物販より明らかに不安定だから堅実性という意味では弱いのです。

ですので相互補完しつつ、物販で稼ぎ、情報発信で稼ぎ、情報発信で稼いだ利益を物販に再投資して・・・という戦略で行っていくのが物販がよりスムーズになり収入が上がっていくようになります。

情報発信で収入が上がって、その資金で仕入れを行うことで借り入れのリスクがだいぶ減るようになります。

私は上記3つとも行っております。現在ebayは止めています。

電脳せどりと情報発信だけでも収入は大変安定するようになり、独立起業するにせよ、安定的な収入になっていくでしょう。

ぜひ参考にされてみてください。

もっと踏み込んだ内容や稼げるせどり情報が欲しい方は以下のメルマガを読まれてください。

稼げるメルマガ配信