Amazonアカウント停止から復活する方法

Amazonアカウント停止から復活する方法

Amazonアカウント停止から復活する方法

 

こんにちは。

今回はAmazonでアカウント停止になったときの対処方法について解説いたします。

私は米国Amazonで1回、日本Amazonアカウントで1回アカウント停止になりました。

最初は恐怖でしたが対処方法がわかって直ぐに復活させることができました。

決して恐れる必要はありません。対処方法と復活させる方法がしっかりわかっていれば怖いものはありません。

またなぜアカウント停止になるのかの理由さえわかれば事前にアカウント停止されないように対応できるので安心して進めていきましょう。

今回はそのようなAmazonアカウントの停止の事態に備えてできる対策とアカウントが停止してしまった時の復活方法について解説します。

 

なぜアカウント停止されるの?

 

Amazonで継続して販売していると突然Seller Performance TeamやAmazonアカウントスペシャリストから恐怖に感じるメールが届くことがあります。

商品ページのカタログ削除や真偽調査の連絡とかです。

直ぐに対処すれば大丈夫ですが素直に改善せずにAmazon規約に違反することを続けているとアカウントスペシャリストからアカウント停止のメールが入ります。

もしも初めてであればびっくりして、恐怖に陥ると思います。

しかしながら驚く必要はありません。しっかり対処すれば復活できます。

アカウント停止になってしまうと、新たに商品を販売できないだけでなく未払いの売り上げが没収されたりFBAを使っていると商品が全て送り返されることもあります。

あまり全て返送されるケースは聞いたことはないですが、売上金が90日間ほど抑えられるのは非常に痛いですね。

しっかりと対応ができていればアカウント停止になることはないので安心してくださいね。

ちなみにアカウントスペシャリストSeller Performance Teamの違いについて説明しておきます。

Seller Performance Teamというのは
あまりアカウントには影響は及ぼしませんが、それなりに真偽確認や、偽造品を調査する部署です。

真偽確認がアカウントスペシャリストから来る場合はアカウント停止するかどうか判断されると思ってください。

ですのでアカウントスペシャリストからメールが来たら真剣に冷静に対処する必要があります。もちろんSeller Performance Teamからのメールもあなたのアカウントヘルスに影響をおよぼしますので、しっかり対応していってくださいね。

またテクニカルサポートはAmazonのセラーさんのサポートチームなのであなたのセラーパフォーマンスにはほぼ影響を及ぼすことはありません。

 

アカウント停止となる原因は主に以下の9つです。

  1. 自己出品商品が注文後に配送遅延を繰り返す
  2. 悪い評価率が増える
  3. ユーザーからの質問に対する回答遅延を繰り返す
  4. 睡眠薬系の商品やアダルト系商品を販売
  5. 重複アカウントの存在の発覚
  6. 他のアカウントと関連付けられる
  7. 並行輸入品または偽物を正規品のページに出品
  8. 商標権/知的財産権に違反する(メーカーからのクレーム)
  9. 出品した商品が注文されても在庫がなくてキャンセルを繰り返す

それでは一つづつ解説していきましょう。

 

配送遅延が増える

 

これはセラーパフォーマンスの点数が下がっていくので

一定以上のマイナスの点数が付くとアカウント停止になってきます。

FBA出品では出品者が原因ではないので大丈夫ですが

自己出品のときに特に起こりえるので気を付けていきましょう。

 

悪い評価数が増える

新品で出品していたが、実は中古品だったとか、商品コンディション説明欄に「傷がある」と記載なく傷が多く入っていたなどの悪評価が増えるとアカウントパフォーマンスの点数が悪くなります。

出品者に対する評価にたまに商品の問題点を書く人がいますがこれはセラーサポートに連絡すれば消してもらえるので、偽物やあまりに質の悪い商品を販売したりしない限り悪い評価が貯まることはほぼないと言っていいでしょう。

 

ユーザーからの質問に対する回答遅延を繰り返す

 

基本的にお客様からの質問が来たら回答は24時間以内を心がけてください。

回答遅延だけではアカウント停止になりませんが配送遅延などと合わせて総合的に判断材料に使われることが知られています。

 

睡眠薬系の商品やアダルト系の商品販売

 

アダルト商品だけではそこまで停止になることはありません。

実際に私の知り合いにあったケースですが元々は販売可能であった商品が後から販売禁止になり過去に遡ってアカウントを停止されたケースはあります。

また睡眠薬とか媚薬商品系を販売すると一発で退場になるので気を付けてくださいね。

 

重複アカウントの存在の発覚

 

基本的にAmazonでは1人のセラーは1アカウントしか作成できません。もし同じセラーが2つ以上アカウントを持っていることが発覚すると全て関連しているアカウントは停止されます。

よくあるケースにクレジットカードや登録情報から発覚しています。

Amazon刈り取りする場合や複数アカウントで販売数を伸ばしたい場合まったくの別名義でIPアドレスも変えてアカウントを作る必要があります。

 

他の人のアカウントと関連付けられる

 

本人が他のアカウントを持っていない場合でもアカウントが閉鎖した人のPCでAmazonにログインしたり同じwifiを使った時にアカウント審査が入ってアカウント停止されている方もいます。

IPアドレスは特に見られるので、特に気を付けてください。

IPアドレスは固定IP契約と、動的(コンセントを抜いて時間をおいて接続するとアドレスが変わる)IPアドレスがあります。ほとんどに契約は動的IPアドレスです。

一方のアカウントでログインした後、コンセントを抜く作業を行うとIPアドレスが変わるので両方のアカウントが関連されるのを防ぐことができます。

基本的には普通通りに利用する分ではアカウントが閉鎖されることはありませんが要注意なのは他のアカウントと関連付けられるというところです。

フリーwifiなどで同じIPでセラーセントラルにログインしただけで全く違反を犯していないのにアカウントが閉鎖されたという例もあるのでこちらは気を付けるようにしましょう。

 

 

並行輸入品または偽物を正規品のページに出品

 

こちらはわざと偽物を出品したわけではなくても購入者がこれは偽物とAmazonに通報することが続くと真偽調査が入ったりします。

私は何度も真偽調査されていますが今のところ一度もアカウント閉鎖にはなっていませんが、何度も続くとアカウント閉鎖もあるようです。

この証明に関してはちゃんとしたところから仕入れていますよという、領収書や請求書の提示を求められます。

ここを提出して改善計画書をAmazonに丁寧に提出できれば、ほぼ通過いたします。

こちらの件でお困りの方は個別サポートもしていますので、私にまで問い合わせいただければ代理サポートを行います。

 

商標権/知的財産権に違反する(メーカーからのクレーム)

 

私は何十回もメーカーからクレーム頂いています。

そのせいで出品禁止リストが膨大にたまってきました。

この件で一度もアカウント停止にはなったことはないのですが素直にメーカーから商標権や知的財産権などでクレームが来たらさっさと出品を取り下げて、ヤフオクなどで販売すれば大丈夫かと思います。

商品ページも過去に何度か削除されたりしましたが、すぐにAmazonに返品依頼を出してヤフオクとかで販売してきました。

 

無在庫出品で注文が入り在庫がなくてキャンセルを繰り返す

 

これはAmazonアカウントの健全性でアカウントヘルスという指標があります。

キャンセルを繰り返すとアカウントパフォーマンスの点数が悪くなり一定を超えるとアカウント停止になります。

 

アカウント停止になって取る対応

 

アカウントが停止になった場合、改善計画書を提出することで復活できます。

ただし大変丁寧な文体で素直にお詫びすることと低姿勢でしっかりとしたビジネス的言語で作成された改善書でないと復活できません。

米国Amazonのアカウントが停止になった時は結構大変でしたね。すべて英語で提出する必要があるので翻訳者に頼んで5回目の提出でアカウント復活しました。

1回目で復活されないことが多いので、何度も提出できるのでしっかりと企業レポートのような記載で提出する必要があります。

改善計画書の提出

 

Amazonへの改善計画書を書く際のポイントは以下の通りです。

  1. Amazonへの謝罪を最初にする
  2. 停止になった理由とそれに対する改善策を述べる
  3. 期限を設ける

Amazonへの誠意をいくら見せたところで具体的な改善策がなければアカウント閉鎖から逃れるのはできないのでさらに以下の部分に気をつけましょう。

 

  1. 問題の所在
  2. 責任の所在
  3. 改善策の内容
  4. 改善策の実行体制
  5. 改善までどれくらいかかるか(根拠付きで)

などをまとめて提出しましょう。

 

改善計画書(例)

 

Amazon.co.jp 御中

アカウントスペシャリスト 様

 

お世話になっております○○です。

このたびは、出品規約違反を犯し、お客様、Amazon様に大変ご迷惑おかけしました事を深くお詫び申し上げます。

また、前回のメールでは改善策についてご指導いただきありがとうございます。

アカウント再開希望のため改善計画を提出いたしますので、お読み頂ければ幸いです。

 

今回発生させた規約違反の内容: Amazonマーケットプレイス出品規約の出品禁止商品にあたる銃器、弾薬および兵器を出品いたしました。

 

今回発生させた規約違反の原因: Amazonマーケットプレイス出品規約をよく理解せず、銃器、弾薬および兵器に該当する商品を出品し続けたのが原因です。

 

同じ違反を起こさないための具体的な改善策

                 今後は、鉱物の原石やペンダントなどのアクセサリー、ネックレスチェーンなどアクセサリーパーツなどの商品のみを販売し,二度と出品禁止商品を出品しないよう在庫仕入れ方法を定期的に見直します。また、ガイドラインや規約に対しての理解を深め、厳守し行動いたします。

 

改善策を実施した場合の効果ガイドラインや規約を厳守し行動する事によりお客様からの顧客満足度の向上、お客様やAmazon様からの信頼回復、そしてお客さまが安心してご利用頂ける事を確信しております。

 

改善策の実施期日:2018年3月31日までに実施

改善策の効果が見込まれる時期:2018年3月末

改善策実施責任者氏名: ○○

 

*チェックを入れてご提出ください。

(*)マーケットプレイス参加規約、及び出品規約のページを確認し、理解いたしました。
(*)本業務改善報告書の内容について虚偽がないことを確認いたしました。

今後、このような事がないように一層努力して参りますので今後ともよろしくお願いいたします。

拙い文章ではございますが説明不足等ございましたらご指導いただけましたら幸いです。

何度も提出して大変申し訳なく存じますが、ご検討のほど何卒よろしくお願いいたします。

 

過去に上記のような文章で、アカウント停止や真偽調査が入って出品停止商品を復活させてきました。

 


 

以上ですが

あまり真偽調査やメーカークレームなどを恐れていると何もできないので、恐れずに販売していきましょう。

ただしっかり誠心誠意対応していればそんなに簡単にアカウントが停止になることはありません。

ですのでAmazonからアカウント停止や忠告が来たら素直に従うのが得策です。

Amazonはあくまでも販売する場所を提供しているだけというスタンスでセラーに対応してくるので、時々対応が冷酷に感じることもありますが、素直に従うしか方法はないと思います。

アカウントが閉鎖された場合、また再度復活するまでは別アカウントを作成するかしないと継続して販売できなくなるので、上手に対応する必要がありますね。

ただししっかりと改善書を出せば、ほぼ復活できることが多いので安心して出品していきましょう。

復活できないケースは媚薬を販売するとか、少しあくどさを感じられるケースの場合、復活が厳しくなるケースが多いようです。

是非参考にして、売り上げを上げていきましょう♪