FBAマルチチャネルサービスを利用して販路を広げ拡販しよう!

FBAマルチチャネルサービスを利用して拡販しよう!

 

 

こんにちは。今回はFBAマルチチャネルサービスについて解説しますね。

このAmazonのサービスを利用することで、商品の販売促進ができます。

実はすでに利用している方も多いのですが、商品をAmazonに出品してAmazonに送ったらAmazonでしか販売できないと思っていませんか?その商品はAmazon以外でも販売できるんです。

例えばヤフオクや、メルカリなどや、Yahoo!ショッピングとかでも販売できます。

売れたらAmazonのサービスのFBAマルチチャネルサービスを利用して発送してもらうだけです。

この方法で商品の販売を加速できるので是非取り入れるといいと思います。

 

アクセス数を増やすと商品は売れる!

 

基本的に商品はお客様から見られるアクセス数が増えれば増えるほど購入率は上がっていきます。

例えばAmazonのセラーアカウント1つで販売するより2つのアカウントを持って、ショップ名2つで販売する方が1つのアカウントで販売するよりも販売数が2倍になります。なぜならカート取得率が2つのショップで販売することで総合的に上がるからなんですね。

このことと同じで、Amazonで販売している商品を同時にヤフオクやメルカリなどのフリマで販売していると当然見ている客層も違いますが、アクセス数は総計するとAmazonの商品ページ1つで販売するときよりも、上がっていますよね。

そのことで購入率は上がります。基本的にヤフオクで売れるものはAmazonでも売れますしメルカリで売れるものはAmazonでも売れますし、Amazonで売れているものはメルカリやヤフオクでも売れていきます。

このことがわかれば、FBAマルチチャネルサービスを利用することでAmazonに出品したものの、売れにくいものなどを他のサイトで販売して売上を上げていくことができるんですね。

 

 

FBAマルチチャネルサービス

FBAマルチチャネルサービスをAmazonの公式説明では以下のように説明しています。

FBAマルチチャネルサービスとは、自社のECサイトや実店舗、オンラインショッピングモール店舗など、Amazon以外の販売経路で販売している商品の出荷・配送・在庫管理までを、Amazonが代行して運用する物流サービスです。

面倒な初期設定や固定費は一切不要。出品管理ツール(セラーセントラル)からの出荷依頼だけで簡単、手軽にご利用いただけます。複数の販路で商品を販売されている方、多店舗展開や販路拡大を検討中の方、物流のアウトソーシングをお考えの方におすすめのサービスです。

FBAマルチチャネルサービスを利用するには、フルフィルメント by Amazon(FBA)への登録が必要となります。

FBAマルチチャネルサービス概要

 

FBAマルチチャネルサービス概要

以下の表が配送代行手数料です。

例えばAmazonに商品を預けていて、Amazonでも販売しているけれどメルカリで売れた場合など、Amazon seller central画面から設定するだけで商品をAmazonから発送することができます。

Amazonで売れるとカテゴリー別販売手数料がこれ以外にかかるのですがAmazon以外のサイトで販売した場合は「出荷作業手数料」「発送手数料」のみがかかるだけです。

在庫保管手数料はFBA納品をして倉庫で保管する月ごとにかかるので、ここは別途かかることを知っておいてください。

 

無地段ボールで送ってくれる

Amazon以外のサイトで販売できたときに、FBAマルチチャネルサービスを利用するのはいいけれどAmazonのロゴの入った段ボールでお客様のもとへ到着すると都合が悪いと思うかと思います。

それでAmazonでは申請すれば無地の段ボールで発送してくれます。大変便利ですよね!

申請も簡単なので以下のフォームで申請すればいいだけです。

また発送の箱の中に入る納品書もカスタマイズできます。注意点として無地の段ボールに対応している倉庫が以下の通りです。

2018年3月時点で

無地ダンボールでの出荷に対応しているフルフィルメントセンター:

小田原FC(神奈川 FSZ1)
多治見FC(愛知 NGO2)
川島FC(埼玉 HND3)
大東FC(大阪 KIX2)
川越FC(埼玉 NRT5)
市川FC(千葉 NRT1)
堺FC(大阪 KIX1)
八千代FC(千葉 NRT2)
鳥栖FC(佐賀 HSG1)

あなたが納品している商品がどこの倉庫にあるのか分からない場合、納品指定していない場合、一度Amazonテクニカルサポートに連絡してみるといいでしょう。

それではAmazonの公式ページを載せておきますので以下から申請できます。

Amazon FC無地段ボール申請

 

ご利用方法について

無地ダンボールの利用をご希望される場合は、こちらのテンプレートを使って、jp-fba-mcf@amazon.comまで登録を希望する旨をお知らせください。テンプレートが開けない場合は、セラーセントラルの出品用アカウント情報に登録されている出品者様の正式名称、ならびにEメールアドレスをご記入の上、無地ダンボールの利用をご希望の旨をjp-fba-mcf@amazon.comまでご連絡ください。

なお、設定の変更には、ご連絡をいただいてから2週間ほどかかる場合があります。設定の変更が完了次第、ご連絡いたします。

無地ダンボール利用の設定が完了すると、それ以降のすべての納品において、セラーセントラルに表示される納品先FCは、自動的に無地ダンボールの出荷に対応しているFCに切り替わります。

 

Item size FC Name

小型/標準サイズの選択FC

(1FCが選択されます)

小田原 FC(FSZ1)

市川 FC(NRT1)

多治見 FC(NGO2)

堺 FC(KIX1)

鳥栖 FC(HSG1)

大型商品サイズの選択FC

(1FCが選択されます)

川島 FC(HND3)

八千代 FC(NRT2)

大東 FC(KIX2)

鳥栖 FC(HSG1)

無地ダンボールでの出荷をご希望の旨のご連絡をいただけない場合、無地ダンボールでの出荷対応はできません。

無地ダンボール配送に対応していないFCにある在庫がある場合でも、その在庫は対応FCへは転送されません。

そのため、マルチチャネルサービスの注文に無地ダンボールでの出荷をご希望の場合は、いったん在庫をお手元に返送いただき、対応FCに再度納品してください。

 

商品がAmazon以外で売れた時

商品がAmazon以外でも売れるように、メルカリや他サイトでも出品しておくといいですよね。

 

 

私はAmazonに出品したものの、なかなか売れない時のことを考えて念のため商品の写真をスマホで取っておき、売れない場合、ヤフオクやメルカリに出品するようにしています。

以外と中古品などはこの方法で即効売れていったりします。

ただAmazonで売る方が高く売れますね。

ですので基本はAmazonで販売するのがいいかと思います。

またAmazon以外のサイトで売れた後に、メルカリでもヤフオクでも以下の文章をお客様に送っておきましょう。それであらぬ誤解を防ぐことができますのでこの文章をお客様に送っておくことで今まで一度もクレームをもらったことはありません。

是非お勧めですよ!!

 

参考文章

参考文章

「この度はご購入いただきましてありがとうございます。短い間ではございますが到着までどうぞよろしくお願いいたします。こちらの商品は、アマゾンFBA経由の自社倉庫より商品が届きます。ただ今発送準備をしていますので、発送後にまた追跡番号と共にお知らせさせていただきます。それではどうぞよろしくお願いいたします。」

 

上記のような文章でいいかと思います。

ちなみにですがFBAマルチチャネルサービスで発送する際に、無地の段ボールはAmazonに申請すれば選択できるのですが、その中の納品書はAmazonシステム上、あなたのAmazonショップ名はどうしても消せずに掲載されることになってしまいます。

そのため上記の文章のような内容を他サイトで販売した場合にはメッセージで送るようにしましょう。私は今までにしっかり上記を記載してメッセージしていたおかげで一度もクレームはもらったことはありません。

FBAマルチチャネルサービスの設定方法は動画で解説しておりますので、そちらをご覧ください。

ぜひ利用してみてくださいね♪